So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

きんようび

今日は金曜日。


いまでは言わなくなったけど、むかしは花の金曜日。


おおむかし、知り合いが話していた。


「きょう飲みぃいかん?」


「きょうはヨカヤ」


「なひかーや、きょう、花の金曜日やろ」


それを聞いたおれは[花の金曜ぃーーーー?、


日曜日ぃーも、5時ぃー起きて、乳っチー搾ぃ男が、はなの金曜日ぃーーーー?」


声を後尾を上げて言った。


自分の位置をたしかめろと思った。


nice!(0)  コメント(0) 

まどろみ

あさまどろみのなかで、耳を立てる。


サクラがゴソゴソして歩きまわり、めずらしくおれの横に眠る。


サクラの心地よい重さが腕に伝わってくる。


この感じはいい。


美咲が小さい頃の思い出も伝わってくる。


そんな感傷に浸っていると、「もう6じやろ


かみさんの叫び声に、「ハイっ」


クルミが鳴き出す。

nice!(0)  コメント(0) 

おもいだした

さっきの続き。


同窓会に行くって言ってたなぁ。


もっと先かと思っていた。


あぶないところだった。


あやうく聞くところだった。








nice!(0)  コメント(0) 

どこいくんだったけなー

きょうカレンダーが送られてきた。


毎年のことながら、犬と猫のメモ付きのやつ。


使いやすいと評判だ。


もう35年の付き合いになるなぁーこの会社とも。


盆が明けると、すぐカレンダーの注文カタログが来る。


歳が明けると、うちわの注文。


財政難でうちわは控えているが、カタログは毎年来る。


ありがたいなぁーと思っていると、かみさんがどっか行くと言う。


どこだったっけ。


なんか前聞いたけど。


こまったなぁ、「どこいくの?」なんて聞くとまた何言われるか分からない。


黙ってよう。



nice!(0)  コメント(0) 

冷蔵庫の中は疑惑がいっぱい

かみさんがさっき来たとき、「冷蔵庫の中に刺身とおにぎり置いてるね」、そう言って、実家に行った。


おれはもらったラーメンを火にかけ,刺身とおにぎりを探す。


ない、無いのだ、見当たらない。


ラーメンは沸騰してる。


スープも煮だってる。


刺身は見つからない。


食パンがあった。


食パンもなんとか言ってたなー。


食パンを取ると、その後ろに刺身様。


食いながら、なんでこんなに刺身にこだわるんだろうと思う。


ああー、なごー、刺身食うとらんや・・・。


かみさんの口ぐせ。


なんでそんなに刺身刺身言わなくても、なんでもいいのに。


「きょうなんにする?」


おれの口ぐせは、「なでもいいよ」か「あるもんでいいよ」


それでは不満そうだ。


今度「白身魚のホワイトソース煮ブルゴーニュ風]とでも言ってみようかな。 












nice!(0)  コメント(0) 

きょうもお泊り

きょうはお母さんが予防接種するとかで、昼前からお出かけ。


さっき帰ってきて、ワクチンが無くて接種できなかったそうだ。


次のめども立たないと言う。


ワクチンが少なかったか、受診する人が多いかだろうなぁー。


おれはワクチンや健康食品は信用してないので受けてない。


そう言って、また送りに行く、ついでにお泊り。


いいかげんに一緒に住んだらいいのにと思う。


そうすると遠い所まで行かなくてもいいのに。


えっ、中種子までは遠くない。


がんばれば歩ける?




nice!(0)  コメント(0) 

きのうの反省

きのうの反省。


よつばクラブの最初、スタッフが黒板に,音〇、黙〇と書いていた。、


〇の中に同じ漢字が入ります、なんでしょうか?


おれはこの手のクイズが苦手で大っ嫌いだったが、見ていると読と言う文字が浮かんできた。


わかったドク、音読に黙読。


答えは正解で、それから音読の効力の話が始まった。


声を出して読むと、始めはわけのわからなかったものが分かるようで、受験勉強も声を出したらいいと言っていた.


読書百篇、意味おのずから通ずと、朝鮮カルタのウソも百回言えばほんとになると言う言葉が頭をよぎる。 

 

その後きのうのブログに続いてゆく。


詩の朗読では、声の出ないおれは飛ばしてくれないかなとちょっと思ったりもしたが、あてられたので出ない声で読んだ。


はたから見たら、おれの頭と体はどうなんだろうかと思う。

 

頭は自分ではしっかりしてるつもりだが、それは自分の考え。


すぐ他のことを考えてしまう。


体は・・、いやもういい。

体がうまく動かないことは、もう言うまいと決めたんだ。


なんか他の事ばかり考えた一日だった。


来月は年の瀬。


三度四度


五度目か同じ


年の瀬は  ひろいき


いいことは


なかったねぇと


つく吐息  ひろいき 


しんみりした一日だった。



nice!(0)  コメント(0) 

今日の俳句室は

きょうは月一回の楽しみ、デイケアである俳句教室。


きょうは調子がよく、立てた作戦は8割がた当たった。


最初から2句詠まれた。


秋の空


一風ごとに


高くなり  ひろいき



  

いつできた


おれと嫁との


高い壁  ひろいき


終わった後、「ひろゆきさんの最初の2作、紹介させてもらったおかげで、後が続きました」と講師の方が言われたので、うれしかった。


午後からはよつばクラブで、あいだみつおさんと谷川俊太郎さんの詩の朗読だった。


谷川俊太郎さんの詩は、30年以上前、テレビドラマの「君は海を見たか」の最終回のエンディングで流れた詩だった。


思い出に浸っていると、あたりがざわついている。


メンバーの一人が気を失って倒れていた。


彼女は詩の朗読の時、椅子に座ったままで、読まなかった人だ。


その前までは話もしてたのに。


たおれた彼女に自分が重なって見えた。


来月のお題は年の瀬だった。




nice!(0)  コメント(0) 

サクラのいけないくせ

我が家もやっとコタツを出した。


出したと言ってもかみさんがコードをなくしたので、3・4年は電気を入れていない。


まっ、電気代が浮くからイイカ。


メシの時にはコタツに座るのだが、困るのはサクラの癖だ。


コタツの中に入って、さかるのだ。


さかると言うのは、おれの膝から下にかけて、性器をこすりつけ腰をふるのだ。


メスなのに変だなー、メスでも発情するのかな。


しばらくは続きそう。

nice!(1)  コメント(0) 

陸王

しゅう一回の楽しみの陸王。


かみさんも好きなようで、一緒に見ていた。


ふたりで同じドラマを見るのは、やはり日曜劇場のJIN以来かなーと思う。


JINの時は、おれが入院してる時だったなぁ、おれは病室で見てたなぁ、かみさんは家で見てたなぁ、同じドラマを見ていたんだなぁと思う。


見ていて泣けるのだが、泣きながら情けないことに感情失禁が出て笑ってしまう。


泣き笑いだ。


知らないふりをしてくれたらいいのに、「なにがおかしか?」とやたらと聞いてくる。


泣いてんだよと思う。


見ながら信ちゃんが以前「ひろちゃんも走らん?気持ちよかろ}と言ってくれたことを思い出す。


もっと素直に人の言うことは聞くべきだったなーと反省した。





nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -