So-net無料ブログ作成

ひろいきのぼやき

4つばクラブと言うカリキュラムでおれの半生を使いたいと言う。

きょう村上さんからの話。

断るのも悪いと思って 、一応書いておきますとの返事。

ひろいきのぼやき

市場への買掛金もなくなった平成8年9月。

私は伊勢神社の清掃作業を手伝っていました。

ときどきくる吐き気と足のもつれ。

倒れそうになるのを木につかまりこらえました。

かみさんに連れてってもらって、病院に行くと、肺炎との診断。

精密検査すると言う。

おれはタンが出ないので、どうしようと思ったところで、記憶がなくなる。

あとから思えば夢だったのだが、そこは川迎の病院の治療室。

そんなあるはずもない治療室で治療を受けていた。

ひどく暑かった。

するとそこに兄夫婦が見舞いに来ていた。

なにかバケツの水をまいていた。

その兄もおれが入院してる間に亡くなったと言う。

その夢の中でおれは汽車に乗って天山のあたりを走っていた。

ゆめから覚めると、大勢のお医者さんがいた。

なにか話している。

不意に起こされる。

あとから聞けば、よく憶えてないが、心筋梗塞になり、肺へつながる血管が詰まり、肺炎になったと言う。

その頃、老人施設に野菜を納入する仕事をしており、市場への買掛金も なくなった今、仕事は順調に行くはずだった。

そこに老人施設への仕事はことわったからと妻からの報告。

一人では無理だと言う。

おれは頭を後ろから殴られた思いだった。

何で止めたんだ。

心の中で叫んでも、後の祭り。

退院した時から,緊縮生活が始まった。

まずは電気料金。

クーラーを入れれば5万は違う。

クーラーを切り、   野菜用に使っていた冷蔵庫を切った。

最初は暑い暑いと言っていたかみさんも、何も言わなくなった。

それでも、とても追いつかない支払いに危機を感じて自死しようとまでする。

よかったか悪かったか助けられ、あとで病院で診てもらうとうつ病になっていたそうだ。

この病院に転院し、女の先生に診てもらった時「どうですか?」の質問に「反省しています」

「なんに反省してますか?」

「もっと早くとび下りなかったことにです」と答えたのを憶えています。

その後、声がひっくり返って満足にしゃべれない私が見つけたのはブログを使って意思を表現することでした。

絶望に打ちひしがれている時に、清水さんに言われた「非常ベルのブログおもしろかったよ」がなんか嬉しく、おれにも読者がいるんだと思い今日にいたるわけです。

それからは、病気になる前のおもしろかったことを書いていますが、毎日チェックする閲覧数、これが伸びないのが悩みです。

そこらへんの芸能人よりはおもしろいと思うんだがなー。

まっ、しょうがないか。

おっと、病院は何もしてくれないよ。

薬のめ、何科に行けとかは言うけど、それよりも障害者年金の手続きとか、福祉年金の受給手続きとかを教えてほしかった。

患者は何も知らないのだから。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

ダブルピース

ありがとうございます。いつも楽しみに拝読してます。ひろいきさんの言葉で、救われる人がいます。医療従事者にとっても、ハッとさせられる機会になります。よろしくお願いいたします。お引き受け頂いて、ありがとうございます(^-^)
by ダブルピース (2016-10-18 21:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0