So-net無料ブログ作成

シュミレーション

最初に、これから話すことは病院にとって、医療従事者にとっては、聞きずらい話ですけど、一生懸命声を出してやりますので、しばらくお時間をちょうだいいたします。

村上さんから、このお話が来たときは、お断りしようかと考えましたが、おれに頼みに来るぐらいだから、よっぽどスタッフも困っているんだろうと思いまして引き受けました。

 病気の事を知ってもらいたいのと、後遺症を理解してほしいからです。

私がデイケアに来たいきさつを話しますが、このコーナーは続いていくそうなので、このあと他のメンバーさんに依頼が来るかと思いますが、そのときは引き受けてください。

 私がこのような体になったのは、2019年、9月の事でした。

伊勢神社の秋の大祭に向けて相撲の練習をしてた時の事です。

ふだんならグイグイいくビールもあまり進みませんでした。

帰って家で寝ていると、吐き気が。

次の日、医者に行くと肺炎との診断。

かなり深刻な状況だと言う。

その日は次の日のシコミもまだだったので帰らしてもらいました。

次の日は神社の奉仕作業。

私は無理を押して出かけました。

肺炎と言われても、娘もなった事があるし、大きな事じゃないと考えていたんです。

作業の最中、断続的にくる吐き気と足のもつれ。

私は木につかまりこらえました。

どうもおかしいと言う事で、病院に連れて行ってもらい、再診察を受けると肺炎の診断。 

 「肺炎か、おれタンが出ないんだよなー」と思ったところで、記憶が途切れる。

夢の中で兄夫婦が見舞いに来てバケツでなにかまいていた。

その兄も、おれの入院中に死んだと後になって聞かされる。

おれは自分の病気が何だったのか最近までよく知らなかった。

この作文を書くにあたり、よく考えてみると、最初が脳梗塞、2回目が心筋梗塞。

心筋梗塞で、肺につながる血管が詰まり、肺炎をおこしたようだ。

起きて見てびっくり。

声がひっくり返って出ないのだ。

声が出ないがそれどころではなかった。

歩けないのだ。

そればかりか、左半身が動かない。

最初は車いす、歩行器、歩行訓練と長くかかった。

なにか頭もおかしい。

ぼーーーっつとしている。

リハビリでも言ったんだが、

ネットで調べる。

どうも、高次脳機能障害じゃないかと思う。

ネットの情報と自覚症状が一致する。

高次脳機能障害か、これは障害者認定されるかも。

思ったが申請の仕方が分からず、放っておいた。

それに伴い、感情失禁、周りに人がいると笑いや泣きが出る。

わたしが泣いたりしたのを見た方もいると思いますが、この病気のせいです。

困るのが笑い、通夜とか葬式に行く時には、悲しい事を考え、笑わないようにしてますが、気を抜くと出てしまいます。

とうじ、市場への買掛金もなくなり、さあこれからというときの病気。

「わらび苑、ゆりざ苑、やめたから」

かみさんからその言葉を聞いた時は、ショックだった。

しかし、止めたものはどうにもできない。

一年は頑張った。

しかし、支払いに追われ、気分が沈む。

一年後、思い余って、自殺未遂。

幸か不幸か助け出され、入院。

入院先で診察を受け、うつ病と診断される。

この病院へ転院し、入院。

ここでいろんな患者と会う。

すぐにかんしゃくを起こし暴れる者、残飯をあさり小便をするところに大便をする者、水を大量に飲む者。

彼らを見ると、おれは幸せかなと思う。

家族もいるし、兄弟もいる。

そんなとき医者から障害者年金の書類を書いてくれることを約束してもらう。

が、その医者も翌月には転院し、別の医者が来る。

おれはその医者が書いてくれるものだと思い込んでいたが、書き方が悪かったらしく結果は通らなかった。

別の医者に相談し、その医者に書いてもらい、受給対象者となる。

最初の医者にこのデイケアを紹介され、通うことになったのだが、いかんせん声は出ない。

そのころ意思の伝達法として、ブログを知る。

むかしのおもしろかったことを思い出して書いていました。

そんな中、「非常ベルのブログおもしろかったよ」清水さんから言われた一言、「シ―ゴンスおもしろかったよ」河内さんから言われた一言。

二人の言葉に救われました。

その時はうれしかったですが、おれは今でも、あの心筋梗塞の時死ねばよかったのにと思っています。

そうすれば、いくばくかのお金を家族に残せたのにと思います。

ちょっとでもいい人のまま死ねたのにと思います。

お医者も、これはあと後後遺症が残るなとか言葉が出ないかもしれないと言うときは、余分な延命治療はせず、ふつうにやってもらいたいと思います。

病院も生き残った人のために障害者申請等のやり方を、教えてほしかったです。

患者は何も知らないのだから。

あとで苦しむのは患者なのだから。

終わり。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

がじゅまる村上

園田さん

とても良い原稿です

当日を楽しみにしております。
by がじゅまる村上 (2016-11-16 10:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0