So-net無料ブログ作成

近代部品の劣化

きょう肺がん検診があったんだ。


区長事務所に、全員集まりレントゲン撮影。


かみさんの車で出かける。



どうも、世の中はおれとはちがう方向に動いているようだ。


撮影も終わり、帰ろうと車の所へ。


ロックがしてある。


かみさんが帰ってくるのを待つ。


しばらくたって、やっと来た。


「あら、わたしロックしたっけ」


カチャ、ロックを外す。


おれも後部のドアを開ける。


カタカタ、ロックが外れない。


[ロックが外れないよ」


「ちゃー」


[壊れてるじゃないの、ロクなことはしてくれんなー」


整備工場へ持って行った。


帰ってきた。


部品を代えなけりゃ、ダメだと言う。


[余計な事ばかりしてくるいなー」


かみさんの罵声に「おれはなにもやっていない」と思うだけのおれだった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0