So-net無料ブログ作成

住民の進歩

昼過ぎ散歩に行くと、家のあたりからパトカーのサイレンの音と救急車のサイレンの音。


帰ってみると、近くで事故があったそうだ。


家から眺めはするが、現場を見に行こうとはしない。


人間なんてそんなものだ。

しかしおかしい。


誰も電話をかけてこない。


あの人はどうしたんだ。


あの人とはいつも救急車が来ると、「今の救急車は誰だったか教えてくれ」と言う人。


心配してというより、単なるやじ馬。


消防署もわざわざうちまで連絡はしない。


だいたい知らないと答える。


むかし、その人の電話におやじが出たそうだ。


同じ質問をするその人に、おやじは「ワァ、いつから新聞記者になったとや?」と聞いたという。


きょうは電話がこない。


よく聞くと、その人の家のそばで事故があり、現場へ見に行ってたそうだ。


さすがジャーナリストは違う。




クルミと散歩

あさ5時半、クルミと散歩に出る。


出発してすぐクルミが止まり胃液の様なものを吐いた。


それでも元気よく歩くので、そのまま連れていく。


途中まで行くと、またまたまた田元と会う。


「おはよう」


マズイ話すネタがもうないぞ。


しょうがないので田元が連れている犬に、「毎日いいね」


「そいじゃまた」


別れる。


たまにはクルミにも話しかけようと思い、「どうかや、具合は?」


クルミは何事もなかったかのように、歩いていた。


きのうのブログのことを考える。


風向きのことを書いたが、よく西ん風とか南ん風とか言うが、あれは吹いてゆく方を言うのだろうか、吹いてくる方を言うのだろうか?


ネットで調べる。


吹いてくる方を言うのだという。


いままで頭の隅に残ってた疑問が、取り払われたと思った。