So-net無料ブログ作成

父の日

父の日が何日か知らないが、美咲とU君から、Tシャツが届く。


かみさんが開けている時、涙が出た。


わりといい子に育ち、またいい旦那さんを見つけたなと思う。


お礼のメールを入れる。




世界で働くお父さん

昼過ぎ、世界で働くお父さんと言う番組を見た。


ベトナムで橋を作るお父さんに、お姉ちゃんと弟が会いに行くと言う番組だった。


歳をとったからか、見てて涙が。


おれが小学1・2年の頃、おやじが入院した。


たぶん血圧関係の病気だったと思う。


家で寝込んでいる時、おれはきっちょむさんの本を借りて来ていた。


寝込んでいた父のもとに行くと、こっちへ来いと言う。


布団にもぐりこむ


おやじが借りてきた本を読んでくれた。


ひと文章づつ、丁寧に読んでくれた。


それから何を言ったか憶えていないが、次の日入院した。


しばらく入院し、退院するというとき、おれはバスで迎えに行くと、母ちゃんに言ったそうだ。


ちょうどおれの家はバスの停留所になっていた。


ふだん乗りつけているバス。


おれは何てことはないと思っていた。


心配する母ちゃん。


乗る前、運転手さんに何か頼んでいた。


終点のバス会社まで乗った。


バスを降りると、おやじが「ヒロイキ」と走ってきた。


そんなこと、テレビを見て、フッと思いだして、

また涙が。







五十年忌

きょう親せきの家で五十年忌があるそうだ。


さいしょ他の人から五十年忌があると聞いて、五十年忌もするのかと思った。


亡くなった方ももう覚えてないだろうにと思った。


もう今の若い人は、こんなことはしないだろう。









あれかたづけといて

あさ、まどろみの中で寝ていると、「アレかたづけといて」かみさんの言葉にビックリして飛び起きる。


なにかにおびえているようだ。


アレ、アレ、アレ・・・、そうか布団のことか。


布団をかたずける。


しばらくして、「あれかたずけとらんな」。


「ふとんはかたずけたよ」


「じゃろうかや、アレや、アレ」


ああー、尿器のことか、おれがゆうべもしものことがあった場合のために、障子の敷居に立てかけておいたものか。


尿器を片づけに行く。


片づけながら、どうしてあんなに尿器を嫌うのか考える。


あんなに役だっているものを、なんであんなに嫌うんだろう?


使う方と、見ている方の違いかと言うことにする。







サクラがカリカリ

最近よくいただくとうもろこし。


今の時期はとうもろこしがおいしい。


ごはんの時や、おやつの時、トウモロコシを食っていると、サクラが寄ってくる。


このあいだ、ためしに食わせてみたら、前足で上手に押さえて、人間の子供のようにカリカリムシャムシャ。


そんなサクラが可愛く、思わず食べカスのとうもろこしを渡してしまう。


サクラはカリカリムシャムシャ。


こんどクルミにもやろう。